旅の処方せん

旅 マイル 飛行機 薬 etc…についてのブログ

英語ができなくても大丈夫!オーストラリア旅行に必須のETASの申請方法(画像つき解説)

オーストラリア旅行に必要なETAS、申請方法についてまとめました

 

 

そもそもETASとは?

 

 ETASとは「Electronic Travel Authority System」の略で

 「イータス」と呼びます

場合によってはETA(イーティーエー)と呼ばれることも

 

日本語に訳すと「電子渡航許可システム」のことで、日本に住む日本人がオーストラリアへ通常の旅行をする際に申し込みが必要です

 

ETASを申請し、許可されていないと入国できないので注意してください!

 

7STEPで終わる公式サイトからの申請方法

早速ETASの公式サイトからの申し込み方法を画像付きで紹介します

用意するもの

・パスポート

・クレジットカード

 

公式サイトのアクセスはこちら

Electronic Travel Authority

 

前準備

f:id:shiwota-rph:20180708152727p:plain

アクセスするといきなり英語のページへ飛びますが安心してください!

ページ右上から日本語を選択できるようになっていて、こちらを選択すると日本語での手続きができます

f:id:shiwota-rph:20180708152929p:plain

ちゃんと日本語のページに変わりました

「ページ右下のETAの申請」をクリックし進みます

 

STEP1

f:id:shiwota-rph:20180708153210p:plain

先ほどのページと変わりないように見えますが、下へとスクロールしてください

f:id:shiwota-rph:20180708153309p:plain

①観光・親族訪問を選択します

②住んでいる国を選びます

③利用規約を確認し、合意するにチェックを入れます

f:id:shiwota-rph:20180708153804p:plain

②の注意点として、日本はかなり下の方に載っています

見つからない!と焦らず一番下までスクロールすることで、ちゃんと見つかります

f:id:shiwota-rph:20180708154400p:plain

必要項目3か所入力したら、「次へ」を押します

 

STEP2

f:id:shiwota-rph:20180708154634p:plain

用意していたパスポートを確認しながら必要項目を入力していきます

下にも入力項目があるのでスクロールします

f:id:shiwota-rph:20180708155236p:plain

ここも全て入力します

f:id:shiwota-rph:20180708155528p:plain

するとこんな疑問が湧きませんでしたか?

発行官庁って何?

日本で普通に発行したパスポートは「MINISTRY OF FOREIGN AFFAIRS」(外務省のこと)と入力すればOKです。

 

パスポートの発行官庁の確認の仕方

f:id:shiwota-rph:20180708155850p:plain

⑫の部分が発行官庁です

こんなの書いてあるなんてETAS申請するまで私は気づきませんでした…

 

海外の日本大使館や領事館などでパスポートを発行した場合、この項目が「EMBASSY OF JAPAN IN ○○(国名)」や「CONSULATE-GENERAL OF JAPAN AT ○○(都市名)」となるようです

 

STEP3

f:id:shiwota-rph:20180708160524p:plain

住所などを入力します

住所をローマ字にして、番地→町名→区→市→県 と狭い範囲からだんだん広い範囲(都道府県)となるように日本語で入力するのと逆の順番で入力

 

国は先ほどと同様一番下までスクロールすると、日本が出てきます

 

電話番号の入力の注意点

・国番号は日本は81

・市外局番は最初の0を抜いて入力

例:03-1234-5678→国番号:81 市外局番:3 番号:12345678 と入力する

 

f:id:shiwota-rph:20180708161519p:plain

全て入力したら「次へ」をクリック

 

STEP4

入力することが多く、大変と思っている皆様に朗報です!

STEP4まで来たらあとは確認作業が多く、残りの入力事項はSTEP5でクレジットカード情報くらいなのであと少し、頑張りましょう!!

f:id:shiwota-rph:20180708161934p:plain

 ここまでに入力した情報の確認です

間違いがないかよく見直しましょう

f:id:shiwota-rph:20180708162045p:plain

下へスクロールして、さらに今までの入力事項の確認です

f:id:shiwota-rph:20180708162145p:plain

一番下まで入力事項を確認し、間違いがなければ「上記の情報は全て正しく入力されています」にチェックを入れて「次へ」をクリック

 

STEP5

f:id:shiwota-rph:20180708162341p:plain

クレジットカード情報の入力です

VISA,MASTER,AMEX,DINNERS,JCBとほとんどのクレジットカードが支払いに対応しています

f:id:shiwota-rph:20180708162524p:plain

必要情報を全て入力したら「次へ」をクリック

ETASの申請に必要な費用は20AUD(オーストラリアドル)です

ちなみに私が申請した2018年4月でのレートでは約1664円でした

f:id:shiwota-rph:20180902171146j:image

 

STEP6

 

f:id:shiwota-rph:20180708162754p:plain

支払いの確認です

 

STEP7

f:id:shiwota-rph:20180708162854p:plain

f:id:shiwota-rph:20180708162913p:plain

無事にETASが発給されたらこの画面になります

左下の「終了」をクリックしてETASの申請は終了です

 

ETASの申請の許可が降りると以下のようなメールが届きます

私の場合申込みが完了してから1時間もかからなかったです

急ぎの場合公式サイトからの申込みが良さそうです

f:id:shiwota-rph:20180902163445j:image

 

この20AUDはシステム利用料として徴収されていて、EATS申請自体は無料です 

 

 

おまけ

ここまで自分で申請する方法を長々と説明しましたが、申請の代行業者に頼むという方法もあります

 

一緒にオーストラリアへ旅行した友人の使った代行業者を紹介します

友人の使った代行業者はテレキュートETASセンターというところで以下のリンクからとぶことができます

オーストラリアビザ | テレキュートETASセンター | ETAS代行申請

 

豪州政府ETAシステム(当記事で紹介した申請方法)では20AUDかかりますが、

何故か代行業者を使ったほうが安い場合があります(代行業者による)

 

このテレキュートETASセンターは通常1,296円、今なら540円でETASの申請ができます(2018年10月31日まで)

 

登録が完了すると以下のようなメールが届きます

f:id:shiwota-rph:20180902165240p:image

 登録完了までに業者を使った場合2〜3日かかるようなので、時間に余裕のある人は使ってみるのもいいかもしれません

 

まとめ

ETASの申請には自分でやる方法と代行業者に頼む方法があります

代行業者によっては自分でやるより安くなることも!

 

当記事では自分でやる方法を詳しく紹介しました

ぜひ自分でやってみたいという方は参考にしてみてください