旅の処方せん

旅 マイル 飛行機 薬 etc…についてのブログ

マイルがあればビジネスクラスでこんなところまで!

今回は私がマイルを貯めたい!と切実に思うようになったきっかけをご紹介します

 

 

始まりは兄からの電話


当時兄はアメリカに住んでいて、欧州の方と国際結婚をしていました

 

兄「今度結婚式やるんだけどさ」
しをた「 どこで?」
兄 「ギリシャ」
しをた 「え?ギリシャ!?(奥さんギリシャ人じゃないのになんで…?遠いし…)」
兄「 で、母を連れてきて欲しいんだよ、旅費は出すから」


母は英語ができないので1人で海外に行きたがらないのです

(私も英語は全然ですが海外には行きたい正反対のタイプw)

 

しをた 「母と2人かぁ、ギリシャって行ったことないし不安だなぁ(タダで行けるのか!ラッキー!と思いつつも若干ゴネるw)」
兄 「ビジネスクラスで準備するから」
しをた「 行かせていただきます!!」

 

人生で1度だけインボラでビジネスクラスに乗れたことがありました
この経験から、またビジネスクラスに乗りたいという気持ちがずっとありました

 

しかし、当時大学生のバイトの収入ではビジネスクラスの運賃を払えるはずもなく夢のまた夢

 

将来の夢はビジネスクラスで旅行行けるくらい稼げるようになる!というものでしたw

 

兄 「ラウンジも使えるはずだから乗り継ぎの待ち時間も楽なはずだよ」
しをた 「ラウンジ!?」

 

という感じで人生2度目のビジネスクラス搭乗が決まりました

当時ブログをやると思っていないので記録を特に残していないのと、数年前のことなので記憶があやふやな部分が多いが多いことをご承知ください

 

兄のマイルでビジネスクラス

 

確か旅程は下記の通りで、全路線ビジネスクラスでした

 

・往路
成田ーフランクフルトーシャルルドゴールーアテネーロドス

 

・復路
ロドスーアテネーシャルルドゴールー北京ー成田

 

片道ほぼ24時間かかってます!

 

この旅の目的地はギリシャですが、ギリシャといっても本土ではなくロドス島という島が目的地でした

 

羽田 フランクフルト
ルフトハンザ
2階建ての飛行機でした!

ドイツ人CAさんが頑張って日本語で対応してくださりました

(といっても飲み物?食事?すいませんの3ワードだけ)

 

フランクフルト シャルルドゴール たしかルフトハンザ
ビジネスクラスではありましたが、この路線では想像してた広い座席ではありませんでした

 

3人がけの普通席の真ん中がドリンク置きになってるだけといった感じ


ビジネスクラスと言えば、広い座席と思っていたのでそうじゃないこともあるんだなと勉強になりました

 

シャルルドゴールーアテネーロドス
エーゲ航空
こちらも普通席で真ん中がドリンク置きになってるタイプのビジネスクラスでした

 

シャルルドゴールからロドスまでは同じ飛行機で、一旦アテネに着陸してアテネで降りる人や乗ってくる人がいて再び離陸するという感じでした

 

着陸したのに飛行機を降りずに、また離陸を待つという不思議な体験

 

そして離陸のたびに機内食が出て(しかも同じメニュー)、お腹が苦しくなりますw

貧乏性なので機内食を断れず、完食してしまう…

 

エーゲ航空では着陸するたびにお客さんから拍手が起きていました
日本で着陸した時に拍手が起きるのは聞いたことないのでびっくり!

 

復路

ロドスーアテネーシャルルドゴール
行きと同じ感じでした

 

シャルルドゴールー北京
エアチャイナ
機体は覚えてないですが、フルフラットシートだった気がします

最近、修行僧の方々のブログや実際に会った方からエアチャイナの悪評を聞きますが

そんなに悪く感じませんでした

 

むしろ、1週間ロドス島でのヨーロッパの食事に飽きていたので

米が食べれて最高!という記憶しかありません

 

北京ー羽田
ANA
機体はボーイング787でした

f:id:shiwota-rph:20180218203252j:image


当時787で不具合が起きまくっていたので無事帰れるか不安でしたが

何事もなく帰れました

 

スタッガードシートで、短距離なのと昼便だったので寝ませんでしたがフルフラットになるやつでした

 

私は2Aに座っていたのですが、1Aのお客さんがVIPだったようで、チーフパーサーさんの挨拶があり、着陸後もずっと誰かが付いていて荷物持ったりしていたのを見て驚きました
あのおじさんは何者だったんだろう…

 

何も記録を残していないので、残念な記憶でしたが片道24時間の長旅もビジネスクラスだったので全然辛くなかったのをはっきりと覚えてます

 

兄にビジネスクラスで飛行機とったからすごいお金かかったんじゃない?

と聞いたら

マイルでとったから全然お金かかってないよと言われ、初めてマイルでビジネスクラスに乗れることを知りました

 

この旅でスターアライアンスが大好きになり、帰国後マイルを貯めるため早速ANAカードを作りました

 

そして実際にカードを使い始めましたが、ビジネスクラスに乗れるほどカード決算で貯めるのは無理だとすぐに気づいてしまいました…

 

ロドス島とは?

 

ギリシャの島で、トルコのすぐそばにあります

 

リゾート地で海が非常にきれいなところです

 

ヨーロッパ人にとってのロドス島は日本人にとってのハワイみたいなところらしいです(すごい分かりやすい表現じゃないですか?笑)

 

確かに気候はカラっとしていて、海は綺麗でTHEリゾート!という感じ

また、今まで行った観光地と比べてアジア人が少ない印象でした

 

私の拙い説明では全然伝わらないと思うので、最後にロドス島の写真を載せて

こんなところなんだなと感じていただければ幸いです

 

綺麗なビーチ !

f:id:shiwota-rph:20180218203312j:image

驚きの透明度!

f:id:shiwota-rph:20180218203324j:image

海の色が美しいです!

f:id:shiwota-rph:20180218203328j:image

僕が思う古代ヨーロッパっぽい建物

f:id:shiwota-rph:20180218203341j:image

中心地はお店がいっぱいで、意外と栄えてます

f:id:shiwota-rph:20180218203344j:image

 

ここまで、マイルを貯めたくなった経験をご紹介しました

今回は兄のマイルでこんなところ(ロドス島)へ来れました

 

皆さんもマイルを貯めて、いろんなところへ飛び立ちましょう!